スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pal Rozenの制作のこと

IMG_1746.jpg


先日、ヨーキー・にゃん君のオーナー様からツーショットお写真をいただきました。

にゃん君はもう虹の橋を渡ってしまって、お写真のみのご対面です。

にゃん君、お空の上から覗いてるかな~(*^m^*)




さて、

以前より制作に関してのお問合せやご質問等がございますので、

この場でお答えしたいと思います(o^-^o)

制作過程は、作家様によっても違うと思いますので、

あくまでもPal Rozenでの作り方ですが、ご参考になれば幸いです。


わたしの場合、粘土細工と同じような感覚で制作しています。

最初にお顔を作り始めますが、羊毛を足しながら刺し、土台を作ります。

その土台に、アイホール、鼻、口部分を作っていきます。

耳は一番最後。

犬種にもよりますが、長毛種の場合はその土台の上から植毛していきます。

植毛の必要のないつるんとしたお顔の場合は、

その子のカラーに近い羊毛をミックスして作っていきます。

パーツは、頭部、耳、胴体、手足、尾と、別々に作っておいたほうが、

細かい作業がやりやすいですね。

特に脚は、ある程度植毛したあとに胴体につけないと、後で大変な目にσ(^_^;)すでに経験者。


頭部以外のパーツを胴体にくっつけて、筋肉をつけていきます。

胴体の芯材はすべて羊毛です。

大きなサイズ、太い胴体の場合は大変な作業になりますが、

(胴体の土台だけで1週間以上かかることも多いです)

土台はすべて羊毛、しっかりと刺したいため、粗めの羊毛を使用しています。

(基本的に羊毛がベースでアルパカやモヘア等のいわゆる“獣毛”のみ使用しています)



手足が長い立ちポーズ、尾、頭部にはワイヤーを入れて固定する場合もあります。

使用しています羊毛・獣毛の種類はかなり多く取り扱っていますが、

それでもほとんど手作業でミックスし、モデルに近い色に仕上げています。

単色以外の作品では、この色作りが一番難しいかもですね。

時間も単色の数倍かかるので根気もいります。

根気のないわたしには実は酷な作業なんです~(笑)



Pal Rozenの作品は、割とずっしりと重量感があります。

それは型崩れを防ぐため、土台をかなりしっかりと刺しているためです。

力もかなり入れてるため、すぐ腕が痛くなるので長時間の作業が出来ないのが難点です。


だけど、より良いものをお届けしたいと考えているため、手抜きは一切しないです。

当たり前ですが(^o^;)



手法は、あくまでもその時その時によって変わりますので、

“こういう作り方”っていう明確なものはなく曖昧な部分もありますが、

だいたいこんな感じで制作しています。

まだまだ勉強の余地あります。

試行錯誤の毎日で、うまく出来なくて苦しい時もありますが、

それでも楽しみながら制作させていただいています^^

作り手の気分によっても作品に影響してしまうため、ベストコンディションでの作業を心がけています。

首を長く、長~くしてお待ちいただいてますオーナー様、大変申し訳ございません。

思わずにっこりと笑顔になれるような作品を生み出したいと日々努力していますので、待っててくださいね。


そして、これから羊毛フェルト作品を作りたいと思っていらっしゃる方、

羊毛フェルトはとても素敵なハンドメイドだと思いますので、

ぜひぜひチャレンジしてみてください。o(*⌒O⌒)b




今日は材料仕入れのため出掛けていました。

途中、『フォーシーズンミラン』でランチ(o^-^o)

いつものシュリンプカレーにナン。

このお店ではこれしか頼まない(笑)

すっごく美味しいんです~


IMG_3262.jpg IMG_7368.jpg


ランチなので、サラダとドリンクも付いていてリーズナブルなお値段も魅力です♪


関連記事
スポンサーサイト

Comment

No title

制作過程を書いていただいてありがとうございます。

私もいろんな本を見てマネをして作ってみたけれど思い通りに出来なくて、結局あきらめて道具は押入れの中。
失敗を重ねて上手になっていくのだろうけど根気がなくて・・・

作りやすいように自分流でやればいいのですよね。
柔軟な頭と素敵な作品を作られるまこさんのような手が欲しいです。

2012.04.17 (Tue) | にゃんまま #- | URL | 編集

>にゃんまま様

こんにちは(o^-^o)

いつもありがとうございます。

わたしも一番最初は羊毛フェルト本を見て作りましたが、

根がアバウトな性格なので、すぐ自己流になってしまいました(^o^;)

今も自己流ですよ。

どれが正解っていうものはなく、自己流で良いと思いますよ^^

羊毛フェルトって、作り手によってさまざまですよね。

わたしは、ふわふわで小さくて絵本から飛び出してきたような可愛い作品は作れません~

でも、それぞれ個性があって良いと思います(o^-^o)

2012.04.17 (Tue) | まこ #- | URL | 編集

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。