スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お盆が過ぎて・・・・

皆さんお盆はいかがお過ごしだったですか?

帰郷された方も、ご自宅でゆっくり過ごされた方も、お仕事の方も、

残暑厳しいですが、お体に気をつけて乗り切っていきましょうね。


写真は福岡県の英彦山です。

美しい自然に囲まれた良い環境ですよ。

冬は積雪を見に、ドライブに行ったものです(o^-^o)


o0500037311420150304.jpg

o0500031711017115017.jpg

o0500037411420150146.jpg

o0500037411420150144.jpg


田舎に住んでいる時は気づかなかったですが、

田舎には田舎の良さがありますよね(o^-^o)

わたしも計画して、元住んでいたところに帰れば良かったなぁと、今頃後悔しています。

友だちもいるしね~来年は早くから計画して、遊びに行こう。


お盆には、亡くなった母のことはもちろんのこと、

愛犬たち、愛猫たちのことを想い出します。

想い出すと、やっぱり涙が出ます。

もっとこうすれば良かったなぁと、後悔もしたりします。

亡くなってしまった命はもう取り戻すことが出来ませんが、

いつまでも忘れずに、ペットたちに、ありがとうを言いたいです。


050810chobi2.jpg



『虹の橋のたもと』
  
天国とこの世を結ぶ橋がある。

その橋は、様々な色合いから『虹の橋』と呼ばれている。
『虹の橋』の一歩手前には草地や丘、青々とした緑あふれる谷がある。
大切な動物達は、死ぬとその場所へ行くのです。
そこにはいつも食べ物と水があり、気候はいつも暖かいまるで春のようです。

歳をとって、からだが弱っていた者でも、ここへ来て若さを取り戻し、
からだが不自由になっていた者は、元どおりの健康な姿になる。
そして一日中いっしょになって遊んだりしている。
だが、橋のそばにはみんなと様子が異なるものもいるのです。

疲れ果て、飢え、苦しみ、誰にも愛されなかった動物たちです。
他の動物たちが一匹また一匹と、
それぞれの特別なだれかといっしょに橋を渡っていくのを
とても悲しげに眺めているのです。

彼らには特別なだれかなどいない。
生きている間、そんな人間は誰一人現れなかった。
しかし、ある日、動物たちが走ったり遊んだりしていると、
橋への道のかたわらに誰かが立っているのに気づくのです
彼はそこに繰り広げられている友の再会をものほしそうに眺めている。

生きている間、彼は動物と暮らしたことがなかった。
彼は疲れ果て、飢え、苦しみ、だれにも愛されなかったのです。
そんな彼がポツンと立っていると 、愛されたことがない動物が
どうして一人ぼっちなのだろうとそっと近づいてくのです。

すると、なんと不思議な事が・・・・・・・・・。
愛されたことがない動物と愛されたことがない人間が
互いに近づくにつれ、奇跡が起こるのです。
なぜなら、彼らは一緒になるべくして生まれたからだ。
この世では決してめぐりあえなかった特別なだれかと大切な動物として。
今、やっと『虹の橋』のたもとで彼らの魂は出会い、
痛みや悲しみは消え、友はいっしょになるのです。

 そして、いっしょに『虹の橋』をわたり、もう二度と別れる事は無いのです。

和訳:YORISUN
関連記事
スポンサーサイト

Comment

No title

とても綺麗でいい所ですね(*⌒∇⌒*)
私も田舎暮らしですが、住んでいると中々気が付かないものです(^o^;)
今まで飼った子達を愛されていたんですね(#^.^#)
まこさんのその気持ちだけでみんな幸せだったと思いますよ(*⌒∇⌒*)
まこさんの優しい気持ちが素敵な作品になっているんですね(*^_^*)

2011.08.16 (Tue) | 魁ちゃ #uoSKjgR6 | URL | 編集

向日葵が気になりました

太陽の方を向かずにそっぽを向いている向日葵。暑過ぎるこの夏ということでしょうか、それとも他に訳が?w

2011.08.17 (Wed) | 華燭 #jix9dDHg | URL | 編集

>華燭様

あらほんと、気づかなかったけど(笑)
今年の夏も暑かったですよね~
この残暑厳しいのもあと数日だそうですよ。
とはいっても、9月になったらまた暑さが戻ってきたりするのでしょうか。

冬が恋しいですが、
ここ数年、秋がとても短いですので、もうちょっとゆったりと秋を満喫したいですね。
あ、暦の上ではもう秋なんですよね(*^o^*)ゞ

2011.08.18 (Thu) | まこ #- | URL | 編集

>魁ちゃ様

ここはけっこう好きな場所なんですよ(o^-^o)

今まで飼ってた子たちの夢を今でも見るんですが、
もっと可愛がってあげれば良かったなぁとか、
何であの時、あんなに叱ってしまったんだろうと反省したりです(~-~;)
作品は、オーナー様の想いを反映できるよう、これからも頑張りますね。

2011.08.18 (Thu) | まこ #- | URL | 編集

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。